”水素美人”から学ぶ活性酸素とカラダ・肌の関係は?

mizu6

体のサビ(悪玉活性酸)は老化させる!水素美人の効果

年齢を重ねてくると体や肌の不調がでてきますが、その不調のサインはカラダが衰えてきているからです。

では活性酸素とからだ・肌がどのように影響していくのでしょうか?

ico01活性酸素とは?
活性酸素は吸い込んだ酸素の一部が体内で変化したもので2種類あります。体内の細菌などを退治する善玉活性酸素と病気や老化の元凶だと言われている悪玉活性酸素です。悪玉活性酸素は、ストレスや紫外線、喫煙、食品添加物などでも増え、細胞をサビ(酸化)させていきます。

ico01肌に及ぼす悪玉活性酸素
悪玉活性酸素によって細胞のサビ(酸化)ると、シミやしわ、たるみ、乾燥といった肌老化が進んでしまいます。

ico01からだに及ぼす悪玉活性酸素
細胞がサビ(酸化)ると、正常に働くことができず疲労となって現われます。また活性酸素は腸内環境を乱すことから、悪玉菌が増えて便秘を引き起こすことがあります。活性酸素は細胞レベルで悪影響を与えることから、免疫力の低下も悪玉活性酸素の影響といえます。

水素美人の成分の天然カキ殻カルシウムや13種類のミネラルイオンを含んでいるので、マイナス水素イオンとの相乗効果で体内の悪玉活性酸素を無害な水にしてからだのサビ(酸化)と闘います。

”水素美人”サプリは悪玉活性酸素を単なる水に変化させ、体外に汗や尿として排出させます。

悪玉活性酸素が体から排出されていくことで、カラダの「ダルイ」「ツライ」を吹き飛ばし、すっきりとした毎日を迎えることができるようになります。

公式ページでもっと詳しく→水素サプリ【水素美人】ですっきりした毎日を!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする